公演レパートリー
オペラ『ルドルフとイッパイアッテナ』
スタッフ
原作:斉藤洋[講談社刊「ルドルフとイッパイアッテナ」による]
台本:いずみ凜
作曲:信長貴富
演出:立山ひろみ
美術:池田ともゆき
衣裳:宮本宣子
照明:齋藤茂男
振付:山田うん
舞台監督:八木清市
音楽監督:萩京子
ものがたり
ある日黒ねこのルドルフは、魚屋さんに追いかけられて飛び乗ったトラックで見知らぬ土地へと運ばれてしまった。
そこで出会ったのが大きなトラねこ“イッパイアッテナ”。
ルドルフはイッパイアッテナに、野良で生きていくためのいろいろなことを教えてもらう。
その町には、飼い猫ブッチーと、宿敵・飼い犬のデビルがいた!
1987年に出版され、テレビや演劇、映画などでもたくさんの人に愛されている「ルドルフとイッパイアッテナ」が、オペラになりました。
数多くの合唱曲を世に送り出している作曲家・信長貴富による書き下ろし新作オペラ!
アンケート
・ストーリーの面白さもさることながら、それぞれのキャラクターの個性が存分に表現されていてずっと引き込まれ続けていました。時間があっという間に過ぎていきました。嬉しくてハッピーエンドなのに、皆様の熱い思いに泣けてきました。

・最高におもしろかった! 笑って泣いて、心がすっきりしました。

・4人の歌い手さんが、風になったり、猫になったり、犬になったり、歌も演技もすばらしく良かったです。

・子どもの頃のなつかしい「ルドルフとイッパイアッテナ」、大人になってから改めて感じる気持ち、最高でした、ラストの歌で泣きました。

・お話を知らずに観たので意外なお話の展開がとてもおもしろかったです。観る人へのメッセージが「これ」という説経っぽい感じではなくて見る人がいろんな場面で感じるところが様々なのでは……と思えてそれがいいなーと思いました。
公演データ
公演日程
 2023年7月、9月中旬~10月上旬
上演時間
 1時間30分 仕込み4時間・バラシ1時間
会場条件
 間口10.8m 奥行き7.2m
人数
 7人(歌役者4人+楽士1人+スタッフ2人)
移動方法
 電車移動・運搬トラック2tロング車1台

 公演について、資料の請求はこんにゃく座までお問い合わせください

動画
オペラ『ルドルフとイッパイアッテナ』オペラシアターこんにゃく座【学校公演・芸術鑑賞会】
オペラシアターこんにゃく座 Opera Theater Konnyakuza オペラ『ルドルフとイッパイアッテナ』 原作:斉藤洋 [講談社刊「ルドルフとイッパイアッテナ」による] 台本:いずみ凜 作曲:信長貴富 演出:立山ひろみ ********** こんにゃく座は日本各地の学校、劇場ホール、子ども劇場おやこ劇場、演劇鑑賞団体などで公演をおこなっている劇団です。 演劇やコンサート、芸術鑑賞教室、音楽鑑賞会、ワークショップなど、様々な企画のご依頼を承ります。 詳しくはこんにゃく座までお問い合わせください。 オペラシアターこんにゃく座 公式サイト http://www.konnyakuza.com/ #こんにゃく座 #芸術鑑賞教室 #学校公演
Copyrights 2010 konnyakuza All rights reserved.

▲トップページへ

閉じる